家 売る リフォーム

MENU

不動産(家・マンション)は売る前にリフォームすべき?

リフォームすると家を高く売ることが出来る?

 

 

ある程度古い家になると、あちこち傷んでいたり汚れていたりしますよね。

 

その際に、売主側が考えるのが、
リフォームした方が高く売れるんじゃないの?ってこと。

 

これは、ある意味当たっていますが、
得をするかどうか?でいうと必ずしもそうではありません。

 

このページでは、
「リフォームをしてから売る場合のメリットとデメリット」
「リフォームを考えている人へのアドバイス」
をまとめてみました^^/


家をリフォームしてから売る場合のメリットとデメリット

まずはメリットとデメリットですが、、

 

メリット

家を売る前のリフォーム

・見栄えがよくなって高く売れる可能性がある
・綺麗な方が買い手がつきやすい
・買主はリフォーム費用の心配がいらない

 

デメリット(リスク)

・リフォーム代以上に高く売れる保証がない
・自分のイメージ通りにリフォームしたいお客さんには逆に迷惑な場合がある

というところでしょうか。

 

この場合のデメリットはある意味リスクです。
つまりリフォームすると、売主が損をしてしまうリスクもあるわけです。

 

 

中古の不動産(家・マンション)を購入する場合、
買主側は当然物件が中古であることを認識しています。

 

 

購入者の中には、
「できるだけ安く買って、後から自分の好きなようにリフォームしたい」
と思ってる人も少なくありません。

 

 

また、リフォーム費用分以上に高く売れるか?
というとそんな保証はどこにもありません。

 

そういったこと考えると、
リフォームって結構リスクが大きいって思いませんか??

 

不動産のような高価なものを売却する場合、
リスクはできるだけ少なくするべきです。

 

 

ということで、結論としては、

リフォームはしない方が良い!

です。

 

 

リフォームしても良いケースもある

ただ、例外がありまして、

・玄関に入った際の印象が非常に悪い場合
・壁や畳の張り替え等の小規模なリフォーム
・壊れていて補修しないと住めないような箇所

などは、リフォームする価値があります。

 

例えば、玄関に入った瞬間、「うわ〜汚い…」と思うようなひどい汚れや傷みがある場合などは、最低限の手入れ、補修はしておくべきです。

 

 

家を買うというのは、ある意味「夢を買う」のと同じです。

 

せっかく自分の家に興味を持って見にくれたお客さんの夢を壊すようでは、なかなか家も売れないというわけです。

 

 

また、壁紙や畳の張り替え等は、それほど高額な費用がかかるわけではないし、間取りなど大きな変更が入るわけではないので買主側への悪影響も少ないです。
汚れがひどい場合は検討してみてもいいかなと思います。

 

 

ただ、壁紙といえど、場合によっては買主が自分の好きな壁紙に変えようと思ってる場合もありますので、この辺は経験豊富な不動産屋の意見を聞くのがいいと思います^^

 

雨漏りのリフォーム

 

また、
「雨漏りがあったり壊れていて住めない」
なんて場合は、当然直しておいた方が印象が良いですね。

 

 

リフォームに関してのまとめ

ということでまとめです。

 

・大掛かりなリフォームは不要!
・リフォームする場合は簡単な内容のみにとどめる!
・壊れた箇所やひどく汚れたところはリフォームの価値あり!

 

です。

 

 

 

 

リフォームはメリットもありますが、デメリットもあることが理解してもらえたでしょうか?

 

リフォームは基本的にはしない方が無難ですが、上に書いたとおり、状況によってはした方が良い場合もあります。

 

あくまでも、物件によって必要か不要かは異なってきますので、勝手に進めてしまう前に不動産屋に相談するのがおすすめですよ^^

 

また、ちょっと補足ですが、リフォーム費用の見積もりだけ取っておくのは有益です。

 

というのも、例えば、買主側から「リフォーム前提なので●●円値引きしてください」なんて、要望があった際に、データとして持っておくことは価格交渉の点で有利に進めるポイントのひとつです。