家を売るベストな時期は?売却しやすいタイミングはあるの?

MENU

家を売るベストな時期は?売却しやすいタイミングはあるの?

家を売るベストなタイミングと時期

 

 

家を売る時に、

 

高値で売却しやすい時期や、早く売れるタイミングってありますか?
・あるとしたらいつでしょうか?

 

これも、不動産の売却を依頼される際によく相談を受ける質問です。

 

これに対する家売るマンの回答はズバリ、

 

時期は関係ない!
売ろうと思った時がベストなタイミング!

 

です。
このページでは、その理由を詳しく説明したいと思います。


 

不動産売買が活発になる時期は?


一般的には、1月から3月(冬から春)、9月から11月(秋頃)が不動産の売買が活発になる傾向はあります。

 

家を売るのが活発になる時期

 

背景としては、

  • 冬から春は、人の生活の節目になる時期で、子供の卒業や進学、会社の人事異動による転勤と重なって新居を求める方が多くなる。
  • 秋は、転勤関係と年末に向けて税制対策で不動産を購入する方も現れる。

といった理由からですね。

 

 

売る時期が関係ない理由


じゃあ、なぜ

 

「時期は関係なくて、売ろうと思った時がベストなタイミング」なのか?

 

ですが、理由は幾つかありまして、、

 

まず、1つ目の理由は、
・例えば春先などは売る側の物件数(流通量)も多くなる時期でライバルも増えること

 

2つ目の理由として、
・住まいを探している人は、時期は関係なく年中「条件にあう物件」を探している

 

そして3つ目は、
・売る側に時間的制約がある場合が多く、戦略的に売るには早めにスタートしたい

 

という点です。

 

他にも、補足的にですが、情報化が進んだことで、一昔前ほど時期が関係なくなったっていうのもあります。。

 

 

ですので、トータル的に考えると、あまり時期は関係なくなるわけです。
売ろうと思った時が売るべきタイミングであって、

 

もう少し突っ込んだ言い方をすると、
「できるだけ早く売った方がいい!」
ということになります。

 

まぁ、もちろん需要と供給の関係なので、
安ければ早く売れるし、高ければなかなか売れない、ということになるんですが、ぶっちゃけて言うと、

 

「早く売り出した方が、必然的にその分早く売れる可能性が高まるよ」

 

っていう単純なことなわけですね。

 

 

ということで、まずは

時期は関係なく、できるだけ早いタイミングで売る方がいい

ということを理解しておいて下さい。

 

そして、それを前提に、、、

 

売る側の時間的な制約というか、早めに売り出した方が良いケース、理由について書いてみたいと思います。

 

 

早いタイミングで売ったほうがいい理由

 

1)物件の資産価値の減少

一番の理由は資産価値の減少リスクです。

 

売却する不動産が土地の場合はあまり関係ありませんが(地価の変動はあります)、家やマンション等の建物の場合、築年数の経過によって資産価値が徐々に減少していきます。
基本的に木造の家の場合は、20年も経てば資産価値がほぼ無くなるといってもいいですね。
(実際には、エリアの人気度等にも関わってくるので一概には言えないです。)

 

ですので、売るのが早ければ早いほど高く売れるということにもなります。

 

2)相続した不動産(家)を売る場合

相続税の申告期限は、相続後10ヶ月以内です。
しかも支払いは現金での納付と決まっています。
支払う現金があれば問題無いんですが、もし、手持ちが無い場合は、相続した家を売って、その売却益から税金を支払う必要が出てきます。
となると、必然的に相続開始から10ヶ月以内に家を売って現金化しなければいけないということになりますね。

 

そして、相続税についてもうひとつ。
実は相続後3年10ヶ月以内に相続した不動産(家・土地)を売った場合、
譲渡益(売却時の利益)のうち、譲渡税分が課税されないといった特例があります。

 

ちょっと難しいですが、簡単に言うと、相続してから3年と10ヶ月を境に、税金が増える可能性があるってことですね。

 

ですので、相続した物件を売る場合は、できるだけこの3年10ヶ月以内に売るのがベストです。
仮に、相続してから3年半が経っていたとすると、この特例を利用できる期限まであと4ヶ月しかないわけですから、すぐにでも売りに出した方が良い、ってことになりますね。

 

3)転勤、離婚等

会社の都合で、転勤の辞令を言い渡されて引越しをしなくてはいけなくなる場合もあると思いますが、その場合も期限が決まってきます。
たいていは半年くらい前に言い渡されることが多いと思いますが、不動産売却において半年というのは十分な時間とは言えません。
できるだけ早い時期に家を売り出すという行動が必要になりますね。

 

また、離婚等で資産の処理が必要な場合も、お互い早く処理して精算したい気持ちもあるでしょうから、ある程度の期限を近い時期に設定して売るということになるでしょう。

 

4)買い替えの場合

家を売却するのと同時に新居を購入すること買い替えと言います。
買い替えの場合は、それぞれにかかる費用を考慮すると、できるだけ購入と売却を同時のタイミング(時期)にするのがベスト。

 

売れるのが早すぎて、引越し先が決まってないのに引渡しを迫られるというのも考えものですが、
売却時期が遅くなると、購入する家が決まったのに、なかなか家が売れない、、といったことにも繋がってきます。

 

時期を見計らって計画的に売り出すということが必要になってきますね。

 

上に書いたように、

 

・資産価値の目減りを避ける
・税金の優遇制度に期限がある
・理由によっては期限が決まっている
・買い替えのタイミング

 

などから、できるだけ早い時期(タイミング)で売る、という必要性が出てきます。

 

 

売るタイミングを少し遅らせた方が良いケース

 

次は逆に、少し待って売るタイミング(時期)を遅らせた方がいい場合についても書いてみます。

 

1)所有期間が5年くらいの場合

実は不動産(家・マンション等)を売却する場合、その所有期間によって税率が変わってくるんです。
税金については細かくなるので、別にもう少し詳しくまとめますが、ここでは簡単に説明します。

 

不動産売却時の所得税は、5年を境に大きく税率が変わってきます。

 

5年以内…39.63%
5年を超える…20.315%

 

ですので、家を購入してからもうすぐ5年だよ、って場合は、「5年を経過したタイミングで売る」という選択肢もあるわけです。

 

 

 

 

 

不動産(家・マンション等)を売る時期やベストなタイミングはいつか?ということについて、いろいろと書いてきましたが、
実際に不動産が売れるまでには、不動産会社への依頼から引渡しまで、早くても3ヶ月はかかってきます。

 

これが少し売れにくい家だったり、すこし高めで売りだしたい、なんて場合には、途中に「売れない期間」というのも出てきます。
家は売りたいと思った時期に、必ずしも売れるわけではありません。

 

春や秋など、時期に関係なく、できるだけ早いタイミングで売却活動を始める、というのが不動産売却で成功するポイントの一つです^^